エブリスポ / EverySpo!

Report | 活動紹介

エブリスポ! for コーポレートゲームズ2015

実験概要

一般社団法人スポーツフォーライフジャパンが運営、開催する世界最大級の市民参加型スポーツイベント「ザ・コーポレートゲームズ東京2015アジアパシフィック」参加企業のうち8社を対象に、ウェアラブルデバイス「Misfit Flash」とスマートフォンアプリを活用したイベント連動プログラムを試験提供しました。

実験期間

2015年10月16日(金)~11月15日(日)
※表彰式は11月26日(木)開催

参加者属性

平均年齢 33.6歳
男女比 2.71 : 1

実験参加企業

参加企業参加企業

実験結果

参加者へのアンケートの結果、運動の一番のモチベーションとなったのはエブリスポ!の大きな特徴のひとつである「チーム対抗形式の競争」でした。 これは、前回の品川区での初回実証実験と同じ結果となっています。

エブリスポ!開催期間中、運動することへの一番のモチベーションは何でしたか?(複数回答可)

実験期間中に平均歩行数は13415.4歩から14728.7歩へと上昇。
第1週目から第4週目にかけての伸び率は10.2%となりました。

参加者の一日あたりの平均歩行数推移

参加者からは、体調や生活習慣などに変化があったというコメントが。また、社内外のコミュニケーションが活発になったとの感想も寄せられています。

参加者の感想
  • 昨年と比べて、体重3Kg減・血液検査の結果が良くなった。
  • 健康に対する意識を高めることができ、結果ジムに通い始めた。
  • 人との競争の見える化がこんなにモチベーションが上がるとは思わなかった。新たな自分発見です。
  • 会社として来年もエントリーしてもらいたい。
  • ウエストがベルトの穴一つ分細くなった。
  • 社内外のコミュニケーションツールとなり、普段会話しない人とも話すきっかけになりました!
  • ウォーキングの際も脚を意識的に高く上げて踏み込んだり、運動量を考えたりするようになりました。なるべく毎日運動を継続するという生活スタイルに変わったと思います。
Page Top